2月
16
2019

byodソリューションの現状

業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用できれば、業務効率アップにつながるため、多くの企業で導入が進められています。
しかし予算の少ない企業にとっては従業員にスマートフォンなどを支給するのはコスト的に難しいというケースもあります。そのような場合には、byodを導入する場合があります。
byodは個人がプライベートで所有しているモバイルデバイス端末を業務でも活用することを言います。このbyodソリューションを導入することで、私物モバイルデバイス端末の不正使用を防ぐことにもつながりますし、企業としてのコストカットにもつあんがります。
すでに存在している資産である個人が所有するモバイルデバイス端末を業務で利用するbyodのメリットは相当大きいと言えます。ただ企業によってはbyodを奨励しているケースもあれば、個人端末を用いた連絡は最低限にしてほしいというようなbyodに消極的な企業も存在します。

Leave a Reply