11月
12
2018

bring your own device時の情報の扱い方

byodはbring your own deviceの略になります。byodを企業で導入する場合、私物のスマートフォンやタブレットに私用の情報と会社としての企業の情報が1つのデバイス端末内に共存することになります。そのため、保存されている情報をどこまで保護するのか?その点を明確にする必要があるでしょう。
企業内の情報として留めるべきものとしては、業務上のメールでのやりとり、企業の売り上げ情報など、企業として外部に漏れ出てほしくないもの、一般公開するべきではないものはきちんとセキュリティ対策する必要があります。
私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を経由して、プライベートで利用中のクラウドサービスへ勝手にバックアップしたり、SNSなどに公開したりすることは企業としては絶対に避けたい点です。
bring your own deviceの場合は、取り扱い方法やルールなどをしっかりと設定して、それを徹底させる必要があります。
従業員への意識改革も重要になるでしょう。

Leave a Reply