6月
29
2018

紛失・盗難対策のリモートワイプとは?

スマートフォンやタブレットなどの一括管理ツールであるmdmは、企業や教育機関など法人でモバイルデバイス端末を導入する際には欠かせない管理ツールになります。
mdmの機能は、使用するmdmによって異なりますが、基本的な機能の1つにリモートワイプがあります。
リモートワイプとは、遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を消去する機能になります。
例えば、スマートフォンを紛失してしまった時、そのスマートフォンの中にはたくさんの情報が入っています。
特に会社の機密情報や個人情報などが入っていると、紛失したスマートフォンが第三者の手に渡って、そのデバイス内の情報が外部に漏出してしまう可能性があります。
そこでmdm機能のリモートワイプでは紛失したスマートフォン内のデータを遠隔操作で機器内のデーターを消すことができるのです。
つまりリモートワイプは紛失・盗難対策の操作、機能になります。ただリモートワイプをする時にはデバイス端末機器が遠隔操作できる状態になっていなければいけません。

Leave a Reply