5月
08
2018

散在するモバイルデバイス端末管理

そこでユーザーがどのようにモバイルデバイス端末を利用しているかを把握するために、企業でモバイルデバイス端末を導入する時にはmdmを一緒に導入します。
このmdmはモバイルデバイス管理のツールシステムであり、大量のモバイルデバイス端末を簡単にそして効率よく、正確に管理することが可能です。
誰がどこで何のために使用している端末なのかもmdm管理下にあるモバイルデバイス端末であればすぐに分かります。
mdm上でモバイルデバイス端末とユーザー、組織などを紐付けておけば、社内に散在しているモバイルデバイス端末をより簡単に管理することもできるできるのです。
この散財する端末の把握機能はmdmを利用する約半数の企業で利用されている機能になります。

Leave a Reply