9月
18
2017

mdm選定にはマルチプラットフォーム対応を選ぼう

mdmは企業や教育機関などで大多数のスマートフォンやタブレット端末を導入するにあたって欠かせない管理機能ツールとなっています。モバイルデバイスを導入する時にはmdmツールも一緒に導入するという流れがもはや常識的な感じになってきており、国内外には50製品以上のmdmツールが存在します。その中から1つを選ばなくてはいけないわけですが、最新、最適なmdm製品を選定するポイントをいくつかご紹介しましょう。
Windows対応は必須でマルチプラットフォームのmdmを選択することです。
この選定ポイントは非常に重要です。現在企業導入されているモバイルデバイスのプラットフォームの主流はiOSになっています。そのためiOS対応のmdmツールを導入している企業が多いでしょう。
しかしプラットフォームにはiOSの他にもandroid for WorkのリリースやWindows8.1の大幅な進化、Window10などがプラットフォーム自体にも大きな変化があるため、今後Windowsのシェアが伸びることも予測でいます。そのためマルチプラットフォームのmdmを導入しておいた方が安心です。

Leave a Reply