3月
02
2017

詳細なやり取りの記録によって

SFAにおいて最も有効と言われているのが訪問履歴や顧客とのやり取りを詳細に記録できること。SFAを活用すれば、訪問時にどのようなやり取りをしたのかテンプレートにしたがって入力すれば、それを次に閲覧したり確認する際、とても効率良くできるんです。もちろん、これらはオンラインで行われるため、入力した営業担当者だけではなくてグループ内全体で共有することができます。エクセルでも共有はできますが、1人の営業担当者が入力してもそれをファイルとしてグループ内全体に配布する必要があり、もし訂正箇所が出てきたら再度配布し直す、という負担、手間が出てきてしまいます。SFAの場合にはクラウド上に保存されるので、他の社員でも訂正ができるので、訂正、確認作業にも手間はかかりません。

また、SFAの良さとしてこれらグループ内で共有できた営業情報を次の営業で活かすことができるんですね。以前、別の社員がつながりを持ったことで、その実績を有効に活用できるわけです。詳細なやり取りの記録によって、次の営業をフォローしてくれる。SFAのメリットはここにもあるんですね。

https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html

Leave a Reply