2月
18
2017

次の営業につながる分析ができること

CRMを導入していない企業でも、顧客情報を一元化し、データベースとしてしっかり管理しているところもあるでしょう。そのため、CRMをわざわざ導入する必要は無いのでは?と思われがちです。

でも、やっぱり先進的なツールには新たに導入するだけの価値があるんですね。その価値とは、データとして保有できる顧客の情報量。そして次の営業につながる細かな分析ができるということ。

エクセルでも顧客情報を溜ていくことは可能です。どれだけでも。しかし、分析してマーケティングに役立てるまでの能力はもっていない。エクセルはエクセルのままなんですね。

どのような商品、サービスにおいても、今は多種多様なものが揃っていて、さらに消費者は常に流動的。そのため、一度顧客になった消費者をむざむざと手放してしまっては勿体無くないですか?既存の顧客を優良顧客に育成してく、これもまたCRMがあればこその営業手法だと言えます。その時その時だけの営業ではなくて、次につながる営業、そして分析が今は必要なんですね。

Leave a Reply