1月
07
2017

効果的なリードナーチャリング実践方法

「リードナーチャリング」というマーケティング用語を最近よく聞きます。その名の通り、見込み客を育成することで、受注に結び付けようという意味らしいです。そのリードナーチャリングを効率的に実践するために、さまざまなベンダーからリードナーチャリングツールやサービスが登場しているそう。 リードナーチャリングツールを活用する場合、顧客データベースが必要不可欠となります。顧客の名刺情報はもちろんのこと、行動履歴・営業担当者との接触状況・興味関心など、過去から現在に至るまでの情報をきちんとデータ化しておく必要があるのです。さらにウェブサイトからの問い合わせ、資料請求、セミナーや展示会などの参加情報なども合わせて蓄積できたところで、ようやくリードナーチャリングを行うことができるのだとか。リードナーチャリング最大のポイントは、“見込み客と友好な関係を築くこと”です。むやみにメールマガジンやDMを送ったり、ランダムにテレマーケティングを行ったりすることではありません。見込み客1人ひとりの人脈から企業属性、行動分析までを可視化し、適切なタイミングを見極め、属性や関心に応じたアプローチを行うことが求められます。ただし営業とマーケティングの業務が分断されていて、上手くリードナーチャリングを実践できないというケースがあるそう。そういった場合は、名刺管理・SFA・MAをシームレスに連携しているソリューションを導入することをオススメします。営業とマーケティングの意志統一を図ることができれば、より効果的なリードナーチャリングを実現できるでしょう。http://www.damssy.net/mdm比較/

Leave a Reply