8月
07
2012

ロケーションマネージャ(Location Manager)

ロケーションマネージャ(Location Manager)を使って位置の情報を取得してプログラムに渡します。
イメージ処理用のライブラリの提供やNoSQL データベース、Googleアカウントとの統合が利用することが可能です。
開発環境についてもう一つ初歩的なイロハとしてAndroid仮想デバイス(ADV)を作ることが大切です。
OSのライセンス料金がかからないため端末のコストを削減可能なことがアンドロイドの急成長の裏側にあるでしょう。

アンドロイドAPIのリファレンスの参照は「Develop」メニューをクリックするとTrainingやAPI Guidesなどで情報を見ることが可能です。
プロジェクトを作って ADVを作りましたら、これでアプリケーションをエミュレーターで起動する準備ができました。
実際に利用するにあたっては、インストールとは別に言語別のスクリプティングのサポートセットアップが必須です。
バッテリーの使用量を節約する為に自動的に画面を非アクティブな状態にしたりしますが画面の状態変化に合わせて、
ほしいデータを保存したり、データを元にもどしたりする必要があります。
ひとつのワーカースレッドで処理されるかのチェックは、
デバッガでスレッドを確認してコンストラクタに渡した名前がスレッドの名前になっていればOKです。
アンドロイドの普及は想定以上のスピードとなっており、その背景には Googleの戦略にさまざまな企業が魅了を感じ、参入したことが挙げられます。

Leave a Reply