7月
18
2017

MDMの今後

業務用端末の管理にMDMは必要不可欠な物であるが、類似したサービス形態としてMAMやMCMと呼ばれる物も活躍の場を広げている。企業が従業員に使わせる目的で端末を購入するのであれば端末その物を管理するMDMが適任であるが、近年では個人所有の端末を業務で使用するという流れを認める風潮も強い。なにより端末導入のコストが極限まで抑えられるのが強みだ。その一方で個人の持ち物を完全に掌握してしまう事はできない。そこでMAMでは「アプリケーション」単位の制御を、MCMでは「コンテンツ」単位の制御を行う。個人使用の部分と業務用の部分を切り離して管理するという物だ。この個人端末の流用自体はBYODとも呼ばれるが、その場合はプライバシーの観点からもMDMの導入は難しくなる。しかしMDMサービースも多様化が進みBYOD環境でも個人のプライバシーと業務使用の部分を切り離して管理できる物も増えている。これも仕事とプライベートを分断した上で、十分な領域を確保できるという、端末の高性能化がもたらした恩恵の一つとも言えるだろう。現在のmdmを紹介

0
7月
09
2017

mdm管理導入にはサーバーが必要なの?!

“Mdm管理サービスの多くは、インターネットを経由して必要な機能を利用できるSaaS型としてサービスが提供されています。そのため組織が改めてmdm管理を導入するにあたり、サーバーを用意しなければならないということはないでしょう。SaaS型のmdmであればはじめの導入や運用などは手軽に行うことができるのでそれほど難しいことはありません。またmdmサービスを提供するメーカーによっては車内のサーバーを利用する従来のオンプレミス型のmdmサービスプランを用意しているところもあります。従来のオンプレミス型のmdmサービスは導入や運用には専門知識を持った担当者が必要にはなりますが、運用後は非常に管理が簡単であり、アップデートなども、自社のタイミングで行うことができるので非常に楽ちんです。
どちらにしてもmdm用のサーバーをわざわざ準備するなどの必要はありませんので、mdm管理を導入するにあたる負担は軽減できるでしょう。
MDM基本機能

0
6月
30
2017

端末は社の末端

近年では義務教育における教育現場でも専用端末の利用は進んでおり、生徒全員に専用端末を配布する例も多くみられているし、黒板の変わりに大型モニターを使用すると言った教育現場のIT化も進んでいる。学校が生徒に配布される端末であれば、それは当然「勉強用」であり、勉強以外の用途に用いられるのは避けなければならない。これは社用の端末にも同じ事が言える。業務以外の事に用いるのは生産性の低下だけでなく、セキュリティー面での堅牢性を欠く事になる。近年の端末は非常に高性能でPCと同等とも言える。それ故に、PCと同等のセキュリティー管理も求められる。スマホだからコンピューターウイルスは関係の無い、とはいかず、スマホ用のウイルスも既に多く出回っており、不用意なアプリのインストールやウェブサイトの閲覧によっても感染しうる。また暗号化されていないWi-Fi通信によっても情報が漏洩する可能性もある。mdmの管理下においては上で述べたような「危ない橋」をそもそも渡れないように「制限する」事も可能となる。窮屈にも感じるだろうが、社用の端末は社の一部、「端末」はそのまま「末端」部分である事を忘れてはいけない。mdm教育

0
6月
20
2017

Mdmのアプリ設定

みなさまこんにちは。今回はmdmのアプリ設定について話していきます。さて、mdmではアプリを強制的にダウンロード不可にできるでしょうか?
答えはnoです。できないんです!みなさんはそれをしたいというのが希望でしょうけど、それは不可能です。そのため、できることを書いていきます。できるのは以下の2点の管理機能です。
ブラックアプリ:ブラックアプリに指定したアプリをユーザーがダウンロードしたときにそのユーザーと管理者にメール通知できます。また、初期化するという設定もできます。
ホワイトアプリ:設定してあるもの以外のアプリをダウンロードした際に管理者とユーザーにメール通知されます。
これによってアプロのダウンロードの有無を視覚化できます。
以上の2点がmdmでできるアプリ制御の機能です。意外と多くはありませんね。しかし、会社所有とはいえ普通は個人が使うものですから、これくらいが普通かもしれませんね。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

0
6月
11
2017

mdmで管理できる端末がどんどん増えていく

みなさまこんにちは。最近になってmdmで管理できるデバイスが増えてきていると考えています。
これって顧客のニーズをどんどん汲み取っているということだと思います。Mdmって結局スマートフォンを業務で使うためのサブツールです。だから、管理できるモバイルデバイスが増えるほどセールスできるチャンスも増えるし、便利でニーズのあるものになると思います。最近ではmacbookを業務で使うケースが増えていますしそれに対応したmdmをメーカさんは出していくべきなんだと思います。そんな私もマックユーザーなのでマックのセキュリティをmdmでできたらいいんじゃないかなーと思います。
Facebookとか見ても僕みたいにマックを個人的にも仕事にも使っているユーザーがかなり多くいるみたいでした。
そこに対応したmdmってだけでもかなり強い気がしますね。
mdmとは

0
6月
11
2017

年平均成長率8.3%で推移

CRMのサービスのひとつにコンタクトセンターというものがありますが、このサービスの市場が年平均成長率8.3%で推移しているそうです。そして、2020年には「1兆560億円に拡大すると予測している」とありました。

これは、ミック経済研究所というところが、先月公開した市場調査の分析結果。業界はこのような市場の分析結果を元にして、次の戦略を立てているのでしょうね。

それにしても、コンタクトセンターがこんなにも営業という視点から重要視されているとは、思ってもみませんでした。確かに、現在は新規の顧客獲得が難しいと言われています。そのため、CRMを導入して既存顧客を優良顧客へと育成していく、なんていう言葉も生まれましたよね。

そして最近注目度を上げているのが、このコンタクトセンターなんですね。CRM全体の市場規模はそこまで拡大していないそうなんですが、コンタクトセンターのサービスだけを見ると、増加率が高いということで、しばらくは需要が期待できるとのことです。

0
6月
02
2017

ソースネクストの名刺管理

名刺の管理サービスと言えばSansanですよね。「早く行ってよ~!」のコマーシャルで広く知られるようになりました^^

その名刺の管理ですが、ソースネクストでも「本格読取 おまかせ名刺管理 3」というソフトが発売されているのをご存じでしたか?Sansanのようにネット上だけのサービスしか名刺管理サービスについては知らなかったのですが、ソフトもあったんですね^^というか、販売されていても当然だったのかもしれません。

ソースネクストではパナソニック製の高精度OCRエンジンを利用しているとのこと。スキャンして名刺を読みこみ住所録に自動で入力。最新版ではEVERNOTEへのデータアップロード機能の搭載、そしてScanSnapからのデータ取り込みに対応しているそうです。

名刺デジタル化サービス 名刺CRM

0
5月
26
2017

引き継ぎって大事!

よく属人的営業からの脱却!と言われますよね。営業マンの勘や足で稼ぐ営業からSFAなどを活用した効率的で現代的な営業への転換。

属人的営業の弊害として挙げられるのが引き継ぎの際の情報伝達です。担当者の急な病気、退職などで引き継ぎが出来なかった場合、自社としては情報が残らず、取引先では一から情報を伝えなければいけない、という迷惑をかけることになります。「何もうちの情報が無いの?」とあきれられて取引が中止!という恐ろしいケースも考えられますよね。

これはやはり何らかの対策が必要となるでしょう。SFAを使っていれば、毎日担当者は営業日報にその日の営業情報、案件情報を詳細に記録しているので、翌日から会社に急に来れなくなっても、別の担当者がその記録を確認できればスムーズな引き継ぎが可能となるんです。

また、SFAでは情報の共有化もできるので、誰がどのような案件を今抱えているのか、そしてどのように進んでいるのかもわかるので、その点においても安心材料が増えますよね。

0
5月
20
2017

日報入力のコツ

sfaには営業日報の機能があり、これをうまく活用してくことで情報がグループ内で共有化できたり営業を無駄なく進めることができるようになりますよね。

でも、日報入力ということ自体に面倒だな・・と思う営業マンも多いと思うんですよね。朝からいくつもの会社も回って商談を行い、その都度営業日報を入力。空き時間や移動時間も休むことなく日報のことを考えないといけないわけです。

では入力がそこまで負担にならず、でも有意義な内容にするためのコツを取り入れてみてはいかがでしょうか。あるコラムには、文字数を制限してみると書かれていました。これは○○以上の文字数ではなくて反対に○○以下の文字数ということなんです。

あまりに文字数を多くしてしまうと、余計なことばかり入力されてしまいます。でも文字数をあらかじめ制限することで、端的に的を絞った内容にできるんです。また、日報を見直す時、そして管理者が確認する際にも、文字数が制限されていればチェックにかかる時間も短縮でき、効率的ですよね。

0
3月
30
2017

アプローチの仕方が変わる!

Sansanなどに代表される名刺管理ツールですが、sfaと同じような効果を持つことがよく言われています。実際にはどのようなことなのでしょうか。

名刺管理ツールとは単に名刺データを読み込み、データ化するといったものと捉えがちですが、それだけでは無いんです。担当者の名前、会社名、役職、会社の住所や電話番号などの情報をデータとして蓄積していきますが、この先にあるものが重要となってくるんです。それは、生きた情報も一緒に蓄積されていくこと。

営業担当者が商談に行き、毎日の営業プロセスを日報に記入します。これらと名刺情報が紐づけされていくことで、生きた情報と名刺情報が一体化されるんです。

もし、これから営業をかけたい会社が出てきた際、以前の商談履歴からどの担当者にどのようなアプローチをかけたのか、そしてその結果どうなったのか、それをこのツールから知ることができます。この担当者の情報、そして結果を確認しておけば、再度アプローチをかける際の取るべき行動や持つべき情報のヒントを得られる!というわけなんですね。

0