6月
18
2018

スマートフォンのセキュリティ強化に欠かせない

スマートフォンやタブレットなどを会社の従業員全員に支給するとなると、莫大な数のモバイルデバイス端末を企業側としてまとめて管理しなければなりません。
その管理の仕事を効率よく、そして簡単にしてくれるのがmdmです。
mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、大量に導入されたモバイルデバイス端末の管理を一括して行ってくれるだけではなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ強化にも役立ちます。
mdm導入はスマートフォンやタブレット効果的に管理することができ、データ流出と不正利用からモバイルデバイス端末を的確に保護することが可能です。
その点でmdm導入の重要性は今後さらに高まっていくと言われています。
大切なのはモバイルデバイスセキュリティ導入するべきか?という問題はなく、モバイルデバイスセキュリティをいつどれだけ早く導入できるのか?ということでしょう。
企業としては数あるmdm製品の中から、自社のモバイルデバイス端末管理とセキュリティの目標に適したmdmを見つけ出し、そのツールで管理を早い段階でスタートさせるということです。

0
6月
08
2018

BYOD導入に伴うmdm市場の増加

モバイルデバイス管理ツールであるmdmの市場は、ここ最近で急激に市場が拡大しています。企業によるモバイルデバイス端末の導入が進み、企業によっては従業員の私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用するBYODを導入する会社も増えています。
この企業によるBYODによってmdm市場は広がっており、様々な管理ツールを兼ね備えたmdmの重要性が再確認されてきています。
BYODでは会社がスマホやタブレットを支給するよりも一括管理がしにくいため、きちんとした管理ツールのもと管理を行わなければ不正使用につながったり、情報漏えいのリスクが高まったりします。
市場の拡大に伴いmdmツールの種類も増えてきており、BYODに適したmdmツールもあります。
BYOD導入時には、BYODに適用するmdmツールを利用するようにしましょう。mdmは世界市場が大きいので、海外製のmdmツールを日本で用いることも頻繁です。

0
5月
28
2018

byodソリューションを導入するメリット

byodとは、個人が所有しているスマートフォンやタブレット端末など個人所有デバイスの業務利用のことを言います。
一方byodではなく、会社所有のモバイルデバイス端末を支給されて使用する個人利用はCOPEと呼ばれています。
byodでもcopeでもどちらのmddソリューションによる一元管理が重要になります。任意のモバイルデバイス端末でビジネス用メール、アプリケーション、コンテンツなどのセキュアアクセスを提供します。byodソリューションはセキュリティの面など課題は非常に多いのですが、従業員が普段が使い慣れているモバイルデバイス端末を使うことで、仕事ができる環境をよりよいものにすることができます。
byodソリューションは包括的で使いやすいセルフサービスツールによって、登録、位置検索、紛失したデバイスからのデータ削除などの基本タスクの実行が可能になります。
一方、byodを導入する場合には、通信費やモバイルデバイス端末購入費用は個人が負担するのか、会社が負担するのかなどの規約をしっかりと決めておくことが重要になります。

0
5月
18
2018

教育現場でのmdm管理の利点

学校でタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する時にmdmも同時に導入するケースは多いです。
ではなぜ教育現場でのタブレット端末導入時にはmdmツールでの管理がよいのでしょうか?まず1つ目の機能としてmdm管理を行うことによって効率的なアプリの配布ができるという点があります。アプリ導入に伴い、タブレットを1台1台回収して設定、変更するのは非常に大変です。
しかしmdm機能があれば、遠隔操作で一括してアプリのインストールが可能になるのです。アプリインストール以外にもタブレットの設定変更などもスムーズに行えるでしょう。
またmdmによってはアプリのインストールをグループ単位で行える機能が付いているものもあります
。クラス替えなどで必要なくなったアプリの削除なども行えるので非常に利点が多いです。
2つ目として複数の管理者が管理できるという点もmdmのメリットといえます。
学校によってクラスの編成や生徒数などは違いますが、教育委員会、学校ごと、クラスごとなどでそれぞれ管理者が管理することができます。

0
5月
08
2018

散在するモバイルデバイス端末管理

そこでユーザーがどのようにモバイルデバイス端末を利用しているかを把握するために、企業でモバイルデバイス端末を導入する時にはmdmを一緒に導入します。
このmdmはモバイルデバイス管理のツールシステムであり、大量のモバイルデバイス端末を簡単にそして効率よく、正確に管理することが可能です。
誰がどこで何のために使用している端末なのかもmdm管理下にあるモバイルデバイス端末であればすぐに分かります。
mdm上でモバイルデバイス端末とユーザー、組織などを紐付けておけば、社内に散在しているモバイルデバイス端末をより簡単に管理することもできるできるのです。
この散財する端末の把握機能はmdmを利用する約半数の企業で利用されている機能になります。

0
4月
20
2018

業務に必要設定が簡単にできるmdm

Mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入する上で欠かせない管理ツールです。
モバイルデバイス端末の企業での導入は、セキュリティ上で問題が発生することが多いのですが、それ以外にも管理コストがかかってしまうという課題があります。
企業にスマホやタブレットを導入する場合、会社が一括して使用者に支給する例もあれば、社員個人がもちこむ私物のスマートフォンを業務で利用する場合もあります。社内でOSや機種などいくつかのモバイルデバイス端末が混在している場合、業務に必要な設定をそれぞれの機種ごとに設定するのは非常に困難です。
しかし一般的に機種が違えば管理に関する手順も異なり、1つ1つ手作業で行わなければなりません。しかしmdmツールを用いればどんなマルチデバイスでも柔軟に対応できるのです。
つまりmdmを使って管理をおこなえば、業務に必要な設定をどんなモバイルデバイス端末においても同じ手順でまとめての作業が可能になるのです。参照URL

0
4月
09
2018

Apple DEPとは?

Apple DEPとはapple device enrollment programのことです。
Apple DEPはiPhone、iPadなどapple社が提供するiOSデバイスを自動的にmdmサービス管理下に配置できるプログラムのことを言います。Apple DEPに対応したmdmサービスを利用することでmdmサービスに個別のモバイルデバイス端末を登録するための初期設定や各種作業を大幅にカットすることができます。
iPhoneやiPadなどの法人利用におけるモバイルデバイス導入、運用コストを飛躍的に低減できるのがApple DEPなのです。
Apple DEPを利用することでデバイス情報の登録とmdmサービス連携を設定します。
するとDEPを自動で参照、自動でmdmサーバーへ接続します。
さらに自動でCLOMO MDMに登録して、自動で監査対象に設定します。アクティベーション(利用開始設定)完了後に自動STEPを開始することも可能です。
Mdmサービス登録の強制、硬度な管理、運用機能を利用することにもつながるApple DEPは、モバイルデバイス端末を企業導入する上で欠かせませんApple DEP

0
3月
30
2018

Windows紛失時に特化したmdm

Mdmサービスの中にはWindowsの紛失特化型のmdmツールなども登場しています。このWindows端末の紛失に特化したmdmツールは、遠隔ワイプ、遠隔ロック、インベントリ収集に機能を絞った、単純明快なmdmサービスになります。紛失時の対策に特化したmdmツールであれば、管理費用が安く済み、1つのスマートデバイス端末で200円程度での管理が可能です。コストパフォーマンスに優れており企業のビジネス効率、業績アップにもつながります。また24時間対応の操作代行窓口なども標準装備されていれば、いつ何時起こる紛失、盗難時の対策もしっかりと対応してくれるでしょう。ワイプ方式は安全なワイプ方式を採用しており、HTT復旧サービス、データ復元ソフトウェアによる削除データの読み取りをほぼ不可能な状態にすることに、第三者への情報漏えいのリスクを最小限に抑えることができます。またBitLocker暗号化機能を利用したワイプも可能となっていて、状況に応じた使い分けもできるようになっています。remote wipe

0
3月
20
2018

スマートデバイス端末利用に便利なブックマーク設定

スマートフォンやタブレットについているブックマーク機能は非常に便利です。特に企業や学校などの教育機関でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入する場合、業務や学習で利用することが多いwebページをブックマークやwebクリップできる機能があれば非常に便利で、業務効率のアップ、学習効率の向上につながります。Mdmではこのブックマーク設定機能がついています。ブックマーク設定機能によって、管理しているスマートデバイス端末全てに一括で適用することができるのです。
また企業や学校でスマートデバイス端末を導入する場合、mdmによるグローバルHTTPプロキシ設定も非常に有効です。このグローバルHTTPプロキシ設定とはスマートデバイス端末からの全てのHTTP通信を指定したプロキシを経由させて、モニタリングとアクセス制限が可能になる設定をスマートデバイス端末に配信、適用が可能になる機能になっています。MDM MoDeM

0
2月
26
2018

企業でmdm導入をする時に注意しなければならない?!

企業でスマートフォンやタブレット端末を導入する場合、外出先にもスマートデバイス端末は持ち運ばれることになります。
この持ち運びできるとうい点は、利便性が非常に高く効率的に仕事ができるのですが、逆にその利便性がセキュリティ面を緩めてしまう可能性があるのです。つまり盗難や紛失のリスクも抱えているということになります。
Mdmを選定する時にはこのセキュリティ面がどれくらいしっかりとした機能なのかをチェックしてみましょう。例えばリモートロック操作、リモートワイプ操作、ポリシー配布の他にも、カメラ機能やAppstoreの利用制限を行う場合もあります。
さらにURLフィルタリングサービスを利用して、業務に必要ではないウェブサイトへのアクセス制限も行うことができます。
Mdm製品を選ぶ時には、ニーズを踏まえつつも安全性を優先して、慎重に使える機能を広げていくのが望ましいでしょう。Mdm選びにはいつも以上に慎重になるべきです。MDMの選び方のポイント

0