11月
05
2017

教育現場のmdmに求められるもの

教育現場でのスマートデバイスの導入を円滑に進めるためにはmdm管理が重要になります。さらにmdmツールの中でも教育現場にマッチした製品を選ぶ必要があるのです。教育現場でのスマートデバイスは、子供たちが安全にタブレット端末などのスマートデバイスを活用でき、学習しやすい環境を整えてあげることが重要になります。また教育現場における効率的なタブレット運用をすることで重要になってきます。
そこでmdmに求められる機能としては、教師である管理者に負担がかからないような一括でのスマートデバイスでの設定や、端末管理に必要な遠隔制御機能、情報取得機能などが必要です。特に子供たちが不正使用してしまわないように、安全対策として強固なセキュリティが必要となります。遠隔ロックや遠隔データ削除、アプリ利用制限、電子証明書、遠隔監視、アンチウイルスなどのセキュリティ機能があれば安心です。教育現場にあったmdmツールを使うことでより安全対策が優れるでしょう。MDM modem

0
10月
26
2017

端末の資産管理が楽になるmdm

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの資産管理をもっと簡単に行いたい…と悩まれている企業の管理担当者は多いでしょう。そんなときには資産管理をうまく行ってくれるmdmツールでの管理をおすすめします。Mdmでは資産情報を自動で取得し、一覧で表示できる機能がある製品もあります。どの部門の誰が、どのスマートデバイス端末を利用しているのか?を簡単に、そして正確には把握管理することができるのです。
管理できる対象のスマートデバイス端末はiOSだけではなく、androidやWindowsにも対応できるのでBYODのケースや様々なマルチプラットフォームが混在する環境下でも効率的にまとめて管理をすることができるのです。
mdmを提供するメーカーの中には長年培った実績のある会社も多く、長年培ったパソコン管理やセキュリティ管理のノウハウをスマートデバイスに対応するmdm管理ツールを誕生させているケースも多いです。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

0
9月
18
2017

mdm選定にはマルチプラットフォーム対応を選ぼう

mdmは企業や教育機関などで大多数のスマートフォンやタブレット端末を導入するにあたって欠かせない管理機能ツールとなっています。モバイルデバイスを導入する時にはmdmツールも一緒に導入するという流れがもはや常識的な感じになってきており、国内外には50製品以上のmdmツールが存在します。その中から1つを選ばなくてはいけないわけですが、最新、最適なmdm製品を選定するポイントをいくつかご紹介しましょう。
Windows対応は必須でマルチプラットフォームのmdmを選択することです。
この選定ポイントは非常に重要です。現在企業導入されているモバイルデバイスのプラットフォームの主流はiOSになっています。そのためiOS対応のmdmツールを導入している企業が多いでしょう。
しかしプラットフォームにはiOSの他にもandroid for WorkのリリースやWindows8.1の大幅な進化、Window10などがプラットフォーム自体にも大きな変化があるため、今後Windowsのシェアが伸びることも予測でいます。そのためマルチプラットフォームのmdmを導入しておいた方が安心です。

0
9月
06
2017

モバイルデバイスによる機能とは?!

Mdmを利用していれば、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスをもしも紛失してしまったり、盗難されたりしてしまっても安全です。モバイルデバイス端末が悪意のある人にわたってしまうと、モバイルデバイス内に入っている情報や個人情報、企業の情報などがすべて外部に漏出してしまう恐れもあるのです。Mdmを利用すれば、モバイルデバイス端末の紛失、盗難に気が付いた時に、すぐに情報漏えいを未然に防ぐ対策が行われます。
それが遠隔操作でリモートロック、リモートワイプ、機能制限になります。リモートロックはパスワードを入力しなければモバイルデバイスの利用はできません。
リモートワイプ機能はモバイルデバイス内のデータをすべて消去して、初期化する方法になります。これは最終的な方法ともいえるでしょう。
また機能制限は特定のアプリケーションを使用したり、インストールを制限したりする機能になります。機能制限に関しては特定のアプリの禁止したりする機能になります。
セキュリティなど、MDM基本機能

0
8月
25
2017

学校でも企業と同じようにmdmサービスは利用するべき

学校で働く教師は様々な仕事をこなさなければなりません。タブレット端末を授業に導入した場合には、タブレット端末の設定、管理を教師側で行わなければなりませんが、管理、設定をする時間はない…と感じる教師の方は多いでしょう。そこで学校でタブレットなどのモバイルデバイスを導入する場合には、mdmを利用するのがよいとされています。Mdmはタブレット端末の持つ、運用、管理という課題を解決するサービスとして注目を集めているのです。タブレット端末はパソコンに近い機能を持つモバイルデバイスであり、情報セキュリティの観点から、mdmを利用して管理運用する必要があります。Mdmはモバイルデバイスを一括管理するためのソフトウェアになるのです。タブレットの利用は今まで企業が中心でしたが、学校での導入も進んでいる近年、学校に向けたmdmサービスも増えてきています。
企業ではタブレット端末情報のバックアップや紛失、盗難時など第3者による不正利用対策、アプリケーションや顧客情報の配布更新などを行ってくれます。
なんで学校にmdmが?

0
8月
15
2017

謀反でござる!

乱世の世であれば家臣の裏切りも珍しくはない。昨日の敵は今日の友という言葉もある。現代の企業戦士にとっても例外ではないように、内部情報を手によりよいポストへの転職というのもあり得ない話ではない。MDM管轄下の端末においても、使用者が意図的にその管轄下を離脱し、よからぬ事を企むという事も想定できる。端末がMDMの管轄下にあるというのは言い換えれば特定のアプリによってグループの一員であることを示しているような物であり、最低限の機能しか有していないMDMサービスであれば、アメリカ映画によくある「銃とバッヂをお返しします」的な身勝手な立ち振舞も可能となる。もちろんこういった謀反に対する備えを持つサービも多く、標準サービスであったり、プランによって付与されたり、オプション項目という事もある。具体的にはSIMカードを抜いたり、プロファイルと呼ばれるMDM関連の設定を削除したりすると端末自体を使用不能にする機能だ。これは当然ながら「盗難被害」のその後の予防策としても有用な保険となる部分だ。国外より国内のMDM ですね!

0
8月
05
2017

オフライン対策

業務用端末の運用にはMDMの導入は不可欠であるが、決してMDMだけで「万全」と言える訳ではない。紛失や盗難に備えた物であっても、その事実が報告されなければ管理者は動けない。そもそも紛失や盗難のリスクを懸念する一番の材料は、端末その物ではなく「中身」という事になる。MDMの基本サービスには遠隔での端末ロックや初期化というサービスが根幹にあるのだが、紛失してからの対応でもありどうしても「後手」になる。また「オフライン」であればお手上げというケース多かったが、近年ではそういった状況に対応する為に、一定時間オフラインになると自動的に「処理」を開始する物や、クラウドシステムと連動し、そもそも端末には情報を何も置かないというサービスも増えてきている。また店舗内での使用に限定した端末なのであれば、特定のエリア外に出た時点でロック、ワイプの対象となる、と言った盗難対策を施す事も可能となった。こういった自動処理を上手く活用できれば、紛失から2日経って報告を受けるという最悪の事態を未然に防ぐことも出来る。iOSのmdmについておさらいします

0
7月
28
2017

法人デスクトップ機能とは?

法人企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを導入する場合、初期設定が必要になります。その時に、必要になるのがmdm機能です。Mdmを利用してWi-Fi情報やパスワードポリシー、インストールアプリなどの情報を一括投入することができますのでキッティング作業負荷を軽減できます。またデスクトップを役職や部署ごとにカスタマイズできる機能もあるので、業務で必要なアプリだけを表示させて仕事の効率化をアップすることができるのです。特に法人デスクトップと呼ばれるmdm機能はユーザーの負担を軽減するツールの1つ。法人利用に必要なアプリだけを表示することができる法人デスクトップがあればユーザーは簡単にそしてすぐに使いこなすことができます。起動すると法人デスクトップが自動起動され、特定業務の専用端末として使いたい機能だけを表示でいます。アプリやブラウザのショートカットや社内アドレス帳配布、VPN設定などが簡単に行うことができます。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

0
7月
18
2017

MDMの今後

業務用端末の管理にMDMは必要不可欠な物であるが、類似したサービス形態としてMAMやMCMと呼ばれる物も活躍の場を広げている。企業が従業員に使わせる目的で端末を購入するのであれば端末その物を管理するMDMが適任であるが、近年では個人所有の端末を業務で使用するという流れを認める風潮も強い。なにより端末導入のコストが極限まで抑えられるのが強みだ。その一方で個人の持ち物を完全に掌握してしまう事はできない。そこでMAMでは「アプリケーション」単位の制御を、MCMでは「コンテンツ」単位の制御を行う。個人使用の部分と業務用の部分を切り離して管理するという物だ。この個人端末の流用自体はBYODとも呼ばれるが、その場合はプライバシーの観点からもMDMの導入は難しくなる。しかしMDMサービースも多様化が進みBYOD環境でも個人のプライバシーと業務使用の部分を切り離して管理できる物も増えている。これも仕事とプライベートを分断した上で、十分な領域を確保できるという、端末の高性能化がもたらした恩恵の一つとも言えるだろう。現在のmdmを紹介

0
7月
09
2017

mdm管理導入にはサーバーが必要なの?!

“Mdm管理サービスの多くは、インターネットを経由して必要な機能を利用できるSaaS型としてサービスが提供されています。そのため組織が改めてmdm管理を導入するにあたり、サーバーを用意しなければならないということはないでしょう。SaaS型のmdmであればはじめの導入や運用などは手軽に行うことができるのでそれほど難しいことはありません。またmdmサービスを提供するメーカーによっては車内のサーバーを利用する従来のオンプレミス型のmdmサービスプランを用意しているところもあります。従来のオンプレミス型のmdmサービスは導入や運用には専門知識を持った担当者が必要にはなりますが、運用後は非常に管理が簡単であり、アップデートなども、自社のタイミングで行うことができるので非常に楽ちんです。
どちらにしてもmdm用のサーバーをわざわざ準備するなどの必要はありませんので、mdm管理を導入するにあたる負担は軽減できるでしょう。
MDM基本機能

0